妊娠中の妊婦は肥満遺伝子をチェックしよう!

2018年1月18日放送のNHKまちかど情報室で「肥満遺伝子検査キット」が紹介され話題です。 紹介された「ジーンライフ」の遺伝子検査では肥満の種類など様々なリスクを事前に知ることができる大変優れた製品です。
遺伝子検査で何がわかるの?

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら

子供を授かったプレママさん達の多くが、体重増加を気にするのではないでしょうか。
日本では、妊娠中の体重増加を厳しくチェックすることが多いようです。
また、出産後の体形を気にして、なるべく太らないように気をつけるプレママさん達も少なくないようです。
妊娠中の母親の体重増加や健康状態が、実はおなかの赤ちゃんに思わぬ影響を与えていることが分かってきています。

妊婦は2人分食べないとダメ?

昔は妊娠すると、2人分食べないとダメよ、などいう人もいました。
今は、体重増加が引き起こす妊娠中のリスクが分かったので、あまり太り過ぎないように注意しなさい、といわれるプレママさんがほとんどだと思います。
実際、過度の体重増加が原因で、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になるといわれています。
妊娠糖尿病は、文字通り妊娠中に糖尿病になりますが、出産後も糖尿病になる可能性もあり、きちんとした血糖コントロールが必要になります。
妊娠高血圧症候群は、妊娠中毒症とも呼ばれ、高血圧になり、むくみやタンパク尿が出たりします。

太りすぎると赤ちゃんにも影響が

妊娠中に太りすぎると、妊娠・出産・産後の回復に好ましくない影響を与えます。
上記のように、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引きおこしたり、難産や産後の回復が遅れたりします。
また、妊娠中の母体への影響だけでなく、赤ちゃんにも影響が出ることが分かってきました。
妊娠糖尿病を患った場合、その子供も将来糖尿病になる可能性が高くなる、といわれています。

体重を抑えすぎるのも赤ちゃんに影響が

体重増加は体に悪いから、体重が増えすぎないように、とダイエットに励むプレママさんも最近は多いようです。
小さく産んで、大きく育てる、といったような考え方もあるようです。
最近の研究で、妊娠中に過度のダイエットをすると、その胎児は将来肥満になりやすい、ということも分かってきました。
妊娠中に過度のダイエットをすることで、胎児が飢餓状態になり、体内に脂肪を溜めこむ体質になりやすくなるそうです。
飢餓状態が肥満遺伝子のスイッチを入れてしまうことになるのです。

妊娠中は、太りすぎても、太らなすぎてもダメなようです。
ある程度の体重増加は、妊娠を維持するのに必要とされています。
妊娠がわかったなら、主治医の指示に従って、ちょうどよい体重増加を目指しましょう。
それが、産まれてくる赤ちゃんの健康を守るために大切なことのようです。

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら