脳梗塞は遺伝子検査で分かる?

2018年1月18日放送のNHKまちかど情報室で「肥満遺伝子検査キット」が紹介され話題です。 紹介された「ジーンライフ」の遺伝子検査では肥満の種類など様々なリスクを事前に知ることができる大変優れた製品です。
遺伝子検査で何がわかるの?

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら

脳梗塞は、生活習慣病の1つとされています。
最近では遺伝子検査をすることで、脳梗塞になりやすい体質なのか、分かるようになってきました。

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳に栄養をおくる動脈が詰まったり、狭くなったりすることで、十分な血液量を確保できず、脳が酸欠して壊死したり、それに近い状態になることをいいます。
血液が十分に届かない場所が広範囲であればあるほど、生命維持が難しくなります。
脳梗塞がおこる場所によっては、話すことが難しくなったり、体の一部が麻痺したりなど、重い後遺症が残ることがあります。

脳梗塞の原因

脳梗塞の原因は、動脈硬化が原因で出来たドロドロとした固形物(アテローム)が血管壁にたまり、それが血流によってはがれて、脳内の血管で詰まることでおきます(アテローム血栓性脳梗塞)。
アテローム血栓性脳梗塞は、段階的におきること知られています。
高血圧、糖尿病、高脂血症であると、なりやすいようです。
また、心臓の働きが悪いため、心臓内で血栓ができやすくなり、その血栓が脳内の血管で詰まることでおきる脳梗塞もあります(心原性脳梗塞)。
この場合の脳梗塞は、突然おきて、しかも症状が重い場合が多い、といわれています。
心不全であると、なりやすいようです。
その他にも、様々な脳梗塞の原因があるようです。

脳梗塞の遺伝子検査

上に書いた2つの脳梗塞は、遺伝子検査でリスクを調べることができます。
人の全ての遺伝子情報が解読されたため、そのデータを元に、どの遺伝子に変異があると脳梗塞になりやすいか、などが分かってきています。
遺伝的に、高血圧、糖尿病、高脂血症、心不全のリスクが高い場合、アテローム血栓性脳梗塞、または心原性脳梗塞のリスクもあがると判断されます。
今までに蓄積された結果から脳梗塞のリスクを判断していますが、今後も実際に脳梗塞になった人、ならなかった人のデータがより多く集まると、遺伝子検査の精度もよりあがるでしょう。

大切なのは生活習慣

遺伝的に、脳梗塞になりやすいという結果が出ても、悲観することはありません。
この病気は生活習慣病、つまり、日頃の習慣によって引き起こされることが多いのです。
遺伝的な体質であっても、脳梗塞は様々な要素が絡み合って引き起こされます。
定期的に検査をしながら、生活習慣を改善することで脳梗塞を未然に防いだり、程度の軽いものなら、進行を防ぐことは可能だからです。
高血圧や糖尿病など、脳梗塞のリスクをあげる病気を持っているなら、生活習慣を見直すのはもちろん、医師ときちんと相談して、定期的に検査を受けることも大切です。
 
遺伝子検査をして、脳梗塞のリスクが人より高くても、生活習慣が何よりも大切なようです。
遺伝子検査の結果を上手に活用して、生活習慣を見直してみましょう。

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら