肥満遺伝子のタイプを解説!基本のチェック方法とは?

2018年1月18日放送のNHKまちかど情報室で「肥満遺伝子検査キット」が紹介され話題です。 紹介された「ジーンライフ」の遺伝子検査では肥満の種類など様々なリスクを事前に知ることができる大変優れた製品です。
遺伝子検査で何がわかるの?

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら

ダイエットをしても、なかなか痩せることができない、と悩んだことはありますか。
最近では、肥満は遺伝子によって決まっている、というのが分かってきています。
自分にどの肥満遺伝子があるか、チェックできる方法はあるのでしょうか。

肥満遺伝子とは

遺伝子の分析の技術が進歩して、遺伝子上の情報が、どんなことに影響するのかが分かるようになってきました。
その中でも、肥満に関係する遺伝子は50種以上が明らかにされていて、肥満遺伝子と呼ばれています。
この肥満遺伝子の異常で、肥満になりやすい体質、肥満になりにくい体質がある、というのが分かってきています。

日本人に多い肥満タイプがある

研究の結果、日本人には主に3つの肥満遺伝子のいずれかを持っているといわれ、そのために欧米人よりも太りやすい、と考えられています。
肥満のタイプにより、りんご型、洋ナシ型、バナナ型に分類されます。

りんご型の肥満タイプ

ベータ3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)という肥満遺伝子の異常がある場合におきる肥満で、以下のような特徴があります。
内臓脂肪がつきやすく、おなか周りが太っていて、いわゆるりんごのような体系になりやすいそうです。
男性に多く、このタイプは糖質の代謝が悪いため、糖質で太りやすい、といわれています。
また、空腹が我慢できない人はこのタイプであることが多いようです。

洋ナシ型の肥満タイプ

脱共役たんぱく質1遺伝子(UPC1)の異常がある場合におきる肥満で、以下のような特徴があります。
下半身に脂肪がつきやすく、洋ナシのような体系になりやすいそうです。
女性に多く、脂質の代謝が悪いため、太りやすく、痩せにくい、といわれています。
また、ストレスで過食に走ったりする人が多いようです。

バナナ型の肥満タイプ

ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)の異常がある場合、肥満ではなく、痩せる傾向があり、以下のような特徴があります。
筋肉がつきにくいため、バナナのような体系になりやすいそうです。
いくら食べても太らず、食事を抜いても平気な人が多い、といわれています。
男女の割合はほぼ同じで、太りにくいのですが、一度太ると痩せにくいため、肥満遺伝子のタイプに分類されています。

これらの分類に属さない人もいる

以上の3つの肥満タイプの遺伝子異常を持たない人も、頻度は高くないですがいるようです。
この場合の肥満は、生活習慣からもたらされたものである、といえます。

このように、体系などを参考にすると、どの肥満タイプかを知る目安になるようです。
ただ、肥満遺伝子を持っていると、必ず肥満になる、ということではありません。
日頃の生活習慣が、肥満になるかの鍵のようです。

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら