日本人によくみられる遺伝子タイプとは?

2018年1月18日放送のNHKまちかど情報室で「肥満遺伝子検査キット」が紹介され話題です。 紹介された「ジーンライフ」の遺伝子検査では肥満の種類など様々なリスクを事前に知ることができる大変優れた製品です。
遺伝子検査で何がわかるの?

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら

たくさん食べても太らない人、そんなに食べてるつもりではないのに、なぜか太る人。
私は太りやすい体質なんだ、となんとなく分かっていても、その理由について考えたことがある人は少ないかもしれません。
体質というのは、遺伝子によって決められていますが、太りやすい体質も遺伝子が影響していることが分かってきました。

肥満遺伝子とは

肥満遺伝子とは、肥満に関係してる遺伝子のことで、見つかっているだけでもおよそ50以上あります。
肥満遺伝子自体は誰にでもあるのですが、その遺伝子情報に異常がある場合、基礎代謝が下がることが分かっています。
そのために、肥満になりやすくなるのです。
肥満の原因に遺伝子が関係している確立は、30~70%ともいわれています。
かなり幅がありますが、肥満遺伝子があるから、というだけで肥満になるとは限らず、生活習慣も大きく影響していることが分かっています。
人種によっても肥満遺伝子のタイプが異なるようで、日本人には主に3種類の肥満遺伝子が関与しているようです。

日本人によくみられる遺伝子タイプ

多くの日本人は、3種の肥満遺伝子のいずれかを1つ、または複数持っているようです。
その3つは、ベータ3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)、脱共役たんぱく質1遺伝子(UPC1)、ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)と呼ばれています。
それぞれの肥満遺伝子には、特徴があります。

ベータ3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)

β3AR はりんご型とも呼ばれていますが、おなか周りが太りやすい、主食を好んで食べる、空腹になると我慢できず、何かを食べずにはいられない、という特徴があります。
糖質の代謝に影響が出やすく、内臓脂肪がつきやすいようです。

脱共役たんぱく質1遺伝子(UPC1)

UPC1は洋ナシ型とも呼ばれていますが、下半身が太りやすい、脂っこい食事を好んで食べる、ストレスを感じると過食に走りやすい、という特徴があります。
脂質の代謝が悪いため、皮下脂肪がつきやすいようです。

ベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)

β2ARはバナナ型とも呼ばれていますが、ひょろっとした体形で、さっぱりしたものを好んで食べる、食事を抜いても気にならない、という特徴があります。
たんぱく質の合成が悪いため、体の筋肉が少なく、一見肥満とは関係ないようですが、一度太ると痩せにくいため、肥満遺伝子として考えられています。

肥満遺伝子のタイプとして、日本人に良くみられる3つのタイプを紹介しましたが、どのタイプを持っていても、必ず肥満になるというわけではないようです。
生活習慣にも気をつけながら、肥満遺伝子の特徴を把握して肥満対策をするとよいでしょう。

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら