バナナ型 – 肥満遺伝子は食べても太らない?

2018年1月18日放送のNHKまちかど情報室で「肥満遺伝子検査キット」が紹介され話題です。 紹介された「ジーンライフ」の遺伝子検査では肥満の種類など様々なリスクを事前に知ることができる大変優れた製品です。
遺伝子検査で何がわかるの?

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら

日本人が多く持つといわれる3つの肥満遺伝子タイプの中で、バナナ型と呼ばれているものがあります。
実は逆肥満遺伝子とも呼ばれたりするのですが、なぜこのタイプも肥満遺伝子の1つとして考えられているのでしょうか。

バナナ型の肥満遺伝子について

バナナ型の肥満遺伝子はベータ2アドレナリン受容体遺伝子(β2AC)で、この遺伝子が変異型の場合、肥満に関係するといわれています。
β2ACの変異型を持つ人は、基礎代謝がおよそ200Kcalも高くなり、食べても太りにくい体質になります。

バナナ型の特徴

食べても太らないため、ひょろっとした体形で、食事を抜いても平気だったり、朝食をとらない人が多いようです。
食事もあっさりとしたものを好む傾向があります。
体に筋肉がつきにくいので、一度ついてしまった脂肪をうまく燃焼することが出来ない、という弱点があります。
つまり、太ってしまうと痩せにくいのです。
若い頃は痩せていても、30・40代を過ぎる頃から下腹部に脂肪がつきはじめ、太りはじめる傾向があるようです。
このために、一見肥満とは縁のなさそうなバナナ型も肥満遺伝子の1種として考えられているのです。

バナナ型の注意点

たんぱく質の合成が苦手のため、体に筋肉がつきにくい、といわれています。
そのため、高タンパク質の食事と積極的にとるようにしましょう。
その時、よく噛んで消化を助ける唾液の分泌を促すことも必要です。
たんぱく質の消化・吸収を助けるビタミン、ミネラル類も合わせてとることも重要なポイントになります。

筋肉の量を増やす

体に筋肉が少ないので、筋力トレーニングなどで筋肉に負荷をかけて筋肉を増やすようにすると、太りにくくなります。
ダンベなどを使って、適度な刺激を筋肉に与えるとよい、とされています。
できればスポーツジムなどで、インストラクターに自分にあった筋力トレーニングのプログラムを作ってもらい、正しく筋肉を動かせているかなどを確認してもらうほうが、良いかもしれません。

食べても太らないバナナ型、若い頃は特別気にしていなかった体重や体形も、年齢と共に増え始めて肥満になった、ということが多いようです。
気がついたら太っていた、とならないように、若い頃から筋力トレーニングや食事にも気をつけておきたいですね。

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら