肥満遺伝子が胎児に与える影響は?

2018年1月18日放送のNHKまちかど情報室で「肥満遺伝子検査キット」が紹介され話題です。 紹介された「ジーンライフ」の遺伝子検査では肥満の種類など様々なリスクを事前に知ることができる大変優れた製品です。
遺伝子検査で何がわかるの?

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら

肥満遺伝子は生まれつきの性質だと割り切ってしまう方も多いと思いますが、母体の健康状態によっても左右される可能性があります。ここでは肥満遺伝子と胎児の関係について簡単に紹介していきます。

胎児期の栄養不足は遺伝子に影響を与える

胎児期は母体の栄養がきちんと補給されていないと遺伝情報に異常をきたす可能性があります。そのため、妊娠中はきちんと栄養摂取を行うことが必要となります。
妊娠中に栄養をとらない原因の一つに妊娠中のダイエットが挙げられます。妊娠中は体重が増加する傾向にあるため、自身の体重を気にする人も多くなります。体重を維持しようと無理なダイエットをしてしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性が高くなります。健康な子どもを産むためにはきちんとした食生活を心掛けることが大切です。

栄養不足が胎児にどのような影響を与えるのか?

母体が健康を維持しないと胎児にも悪い影響を及ぼします。胎児に与える影響として、主に以下のものを挙げることができます。

①低出生胎児が増える
母体の栄養素が十分にないと、胎児の出生時の体重が小さくなる危険性があります。これは高血圧や糖尿病などにかかるリスクが高まります。妊娠中のダイエットなどが主な原因となっており、日本においては先進国の中でも高い比率となっています。

②臓器の機能が低下する
胎児の頃は細胞分裂を繰り返すことによって、次第に臓器などが形成されていきます。この時に十分な栄養素を確保していないと、先天的な臓器の障害を持つことになり、病気にかかりやすくなります。

肥満遺伝子は遺伝子の異常によるもの

太りやすい体質を形成する肥満遺伝子は、遺伝子が異常を起こすことによって発生します。母体が十分な栄養素を確保できていないと胎児の遺伝子に影響を与えることは説明しましたが、この肥満遺伝子にも影響を与える可能性があるのです。
妊婦さんの体重管理は医師などによって厳しく管理されることとなりますが、これは胎児の健康を維持する上で大切な要素となるためです。子どものためにもきちんとした栄養摂取を心掛けるようにしましょう。

遺伝子というと親の形質を受け継ぐものと考えると思いますが、中には突然変異のように親の性質に関わらず発生するものもあります。それは母体の状態が悪くなると発生しやすくなりますので、妊婦さんはきちんとした生活習慣を心がけることが必要となります。

2017年最新版 肥満遺伝子ランキング 早見表

商品名 価格 商品特徴 公式サイト

GACT(air/pro)
GACT(air/pro)
4,200円 検査だけで終わらない、新しい肥満遺伝子検査。
1日1回、貴方に合った、
痩せるアドバイスが届く心強い検査キット。
公式サイト
詳細へ

ジーンライフ
テレビで話題の遺伝子型ダイエット
3,980円 肥満に特化。利用者数No1の高い実力。
安くて的確、モデル・タレントも使用。
最安値
詳細こちら